オヤマソバ      御山蕎麦   

 タデ科 タデ属    


 8月中旬  岩手山

    強風が吹きぬけ、砂礫も動くような、高山帯の砂礫地や岩場に 生える多年草。背丈は50センチ以下で、ごく低いものも見られ ます。
 花は3-4oの大きさで、白〜黄白色ですが、淡紅色を帯びるもの もあります。花冠は5深裂し、円錐形に固まって咲きます。
 茎は、紅紫色を帯びるものが多い。
 葉の形は卵形で、先がやや細い。



*分布      北海道、本州(東北と北アルプス)。日本固有
*花期      7月から9月
*仲間      オンタデ、ウラジロタデ。
*関連ページ   



似た仲間の見分け方――。
 オヤマソバは、葉に柄がなく、両面とも無毛。縁には細毛があ る。
 ウラジロタデは、葉、茎に毛があり、葉裏が白い。
 オンタデは、葉裏に毛があるものの、裏面も緑色です。
   
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫