ミズヒキ    

タデ科  水引(水引草)




 

 お祝いの飾りつけに使う紅白の水引にたとえて名前がつきました。細長く房状に伸びた 花を上からみると赤く、下から見ると白いというのが、理由です。
 花は直径4ミリ内外。ミズヒキのように、花とガク片の区別がつかない花を、「花被 片」(かひへん)と呼びます。この花被片は4枚に裂けて、上側の3枚は赤く、下側の 1枚は白っぽいため、ミズヒキの名のもとになりました。花が開花すると、花被片の内側 の白い部分と、白い雄しべが目立ちます。これも、下側から見ると「紅白」の「白」となり ます。昔の人は、花に惹かれてくわしく観察していたことが想像されます。
 日陰でたくましく繁殖する野草です。
 雌しべの先端はカギ型に曲がっていて、実を結んだあとに、このカギが動物について、 種を遠方に広げます。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/