イタドリ     


タデ科 イタドリ属  虎杖 




5月初旬 奥多摩 

 地下茎を大きく張り巡らせて、春にタケノコ型の節のある若茎を地上に伸ばして きます。先端の葉は軟らかいエンジ色で、すぐに展開を始め、背丈もぐいぐい 伸びていきます。
 雪国の残雪の下で芽吹きの用意をしてきたイタドリの若芽は、芽の先端の色合い はエンジ色というより鮮やかな朱色です。
 南関東などの山地や土手で見かける緑の若芽も、きれいな色合いです。
 茎の太さは、1センチ〜3センチ余りと様々で、太いものでは、 背丈が2メートルにまで伸び上がります。

 本州の中部地方から北海道にかけては、イタドリより大型のオオイタドリが、重 なって分布しています。大きさだけみると、奥多摩など南関東でも、背丈2メート ルのイタドリ(オオイタドリ)は、ときどき見かけます。
 大きさ以外には見分け難いですが、私と相互リンクをはっている「やますそもの がたり」http://yama.jpn.org/によると、葉の形がオオイタドリがやや細長く、葉 裏もオオイタドリがわずかに白っぽいのが区別のポイントとのことです。

 太いイタドリの若茎の、長さ20センチ前後のものをポキンと折り取って、皮を むいて、マナイタで塩ずり。酢水にさらして、斜めの輪切りにすると、刺激的な春 の味を楽しめます。



4月下旬 相模湖 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   オオイタドリ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/