ツボスミレ   

スミレ科 スミレ属  坪菫




 

 スミレの仲間は判別が難しい。でも、7月下旬、雪渓が融けたばかりの湿原にいっぱい群 生していたために、ツボスミレとすぐにわかりました。
 花は白く、小さめで、紫のスジの模様があります。
 山野の湿地に生息し、開花は山地ではスミレの仲間ではもっとも遅い。

 葉は、ハート型。茎の根元にある托葉は、切れ込みがほとんどありません。
 これらの点が、ツボスミレの特徴です。

 2000メートル前後の山岳部にも、そして日本全国の平地にも、広く分布し、真夏を 待って開花するものもあるのですから、タフな適応性をもつスミレです。

 スミレの花弁の共通点は、花の後部に突き出る距です。ツボスミレの場合は、これが短 くて球形に近いのも特徴です。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/