タチツボスミレ    


スミレ科 スミレ属  立坪菫




4月下旬 奥多摩

 もっともよく見かけるスミレ。群生するので、見事です。
 花柱は筒型。先端がカマキリの頭型にならず、細く白い棒状に突き出しているところが、タチツボスミレの仲間の特徴です。
花柄には毛がありません。葉はハート型ですが、生長すると長三角形になります。
 茎があるスミレで、生長すると高さ20センチほどにまで背丈が伸びます。
 別名、コマノツメは、若いときの葉が蹄の形に似ているため。



5月上旬 奥多摩 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆似た仲間
 ナガバタチツボスミレ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/