スミレ(マンジュリカ)    


スミレ科 スミレ属  菫(マンジュリカ、本スミレ)




4月中旬 あきる野市

 きのこには、ホンシメジという正真正銘の天然美味の貴重なきのこが あります。このスミレは、「スミレ」がそのままで和名になっており、例えては失礼 かもしれませんが、さしずめ「本スミレ」。正真正銘のスミレといったところでしょう。
 すみれ色というものが、もしもこの色を指すのならば、濃い、鮮烈な バイオレットということになります。
 側弁に細かい毛が見られます。
 葉が細長く、先端が丸みを帯び、葉柄に翼があるのも、このスミレの特徴。
 しかし、なんといっても、この濃い紫が個性を引き立てています。
 日当たりが良い場所が好き。乾燥に強いらしく、コンクリートの隙間から生え出す 「ど根性スミレ」もけっこう見かけます。



葉柄に翼があります 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆濃い紫色のスミレ
  ヒメスミレ。小型。花弁が薄紫色のものも。葉は長い三角形で、先端が丸 みがあり、縁に粗い鋸歯がある。葉柄に翼がない。
  ノジスミレ。小型。花弁が開花の時期が早く、スミレより色はやや薄め。葉は、ヒ メスミレ型で、さらに細長い。葉柄に翼がほとんどない。花弁や葉が波打つような 様子がある。
  ニオイスミレ。外来種。葉は細長くはなく、丸みをおびています。
  ウィオラ・ソロリア。外来種。葉は丸みがあり、スペード型。
  
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/