オトメニオイタチツボスミレ 

    スミレ科 スミレ属  乙女匂立坪菫


 


2005年4月末、信濃大町市扇沢付近。 



同 

 タチツボスミレの仲間に花が大きめで良い匂いががする、ニオイタチツボスミレがあります。
 そのなかに、ごくまれに、花弁も距も純白の、シロバナニオイタチツボスミレがあり、そこまで珍しくはないものが、このオトメニオイタチツボスミレです。
 乙女の名が付くのは、花弁のうち、唇弁に淡く紫の筋が入った様子や、距が赤紫色の様子などからでしょう。
 写真の場所に群生していたものには、葉裏が紫を帯びたものも見られました。この点はオトメニオイタチツボスミレの典型的なものと異なります。
 側弁の内側には、毛が見られませんでした。距も、細長い形です。
 また、雌しべの先端は、タチツボスミレのように、細い円柱状です。
 



同 

 


同 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/