キバナノコマノツメ    


スミレ科 スミレ属  黄花の駒の蹄




7月中旬  南ア・北岳の大樺沢二股

 れっきとしたスミレ科スミレ属のスミレです。
 葉の形が馬の蹄に似ているところから、名づけられました。
 葉の縁や表面に細かい毛があり、葉の表面は光沢がありません。
 花も、上弁、側弁がめくれあがるかのように、反り返っているのが特徴です。
 唇弁は幅が広がりながら垂れて、先端にいくに従い三角形に尖っています。
 中部地方から北の本州に分布します。

 

よく似たタカネスミレは東北地方北部の山岳に分布。葉が光沢があり、唇弁は先端で小さく尖ります。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/