ヒナスミレ     


スミレ科 スミレ属  雛菫 




4月初旬  奥多摩 標高1000メートル

 4月初旬に残雪がまったくなくなってしまった奥多摩の深い谷筋。日当たりがいい斜面に、 ヒナスミレが1、2株ずつ、10数株も咲き始めていました。

 淡い赤みを帯びた紫色の、やさしい色合い。背丈は7,8センチ以下。
 ヒナスミレの側弁の内側には、ほとんど毛がないか、少し毛があります。
 葉に特徴があり、先端が少し細く伸びたハート型。葉の基部が、深く、丸い形に 切れ込んでいます。丸い穴が開いたように見えるぐらいの切れ込みです。葉の周 囲は、鋸歯が粗く波打っています。さらに、歯の裏が紫色を帯びています。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 ヒメスミレは、名前が似ており、同じく小さめ。花が青紫色であることと、側弁に毛があることが異なります。
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/