エイザンスミレ 

スミレ科  スミレ属  叡山菫





奥多摩で。2005年4月24日撮影 

 エイザンスミレは、細かく裂けて、先端が尖った独特 の葉が特徴。見分けやすいスミレです。  花の色も、淡い赤紫色を帯びており、花弁も大きめ。 距の部分はその色が濃く、美しく、品があります。人 目をひくスミレです。日本だけに分布。  3月後半から4月にかけて、林の縁など日当たりが良 い場所に生えます。希少種ではありませんが、関東南部 では1日探索して、やっと1株出会えるかどうか、とい う程度の生息密度ですので、出会えたときはうれしいス ミレです。  類似の葉の形をしたものに、ヒゴスミレがあります。  エイザンスミレの葉は、3裂し、それぞれが細かく裂 けます。葉の先端は尖っています。淡い赤紫色のほかに 、白花もあります。  ヒゴスミレの葉は、5裂しますが、見分けにくい。葉 先はやや丸みを帯びています。こちらは白花が主。  


花の後ろに飛び出した部分を「距」といいます。
エイザンスミレは、ここが独特のエンジ色〜赤紫色をしています。 


 


春先の若い株。奥多摩で、4月10日 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 ヒゴスミレ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/