アケボノスミレ    


スミレ科 スミレ属  曙菫




5月中旬 奥多摩 標高1000メートル 

 いつか出会いたいと思っていたスミレです。
 色合いが、赤紫色を帯びて、明るさがあり、まさに「あけぼの色」。す ぐにアケボノスミレとわかりました。
 そこは、よく光が差し込む低木の疎な林の、枯葉に覆われた地面。10数株 のアケボノスミレが群生し、入れ替わりで花を咲かせていました。
 一番の目印は、太く短く、ぼてっとした、距です。鮮やかな花の色と なんとも対照的です。  葉は、ハート型、基部の切れ込みは細く長く、花期にはまだ展開せずに、 巻いた状態が多い。これも目印になります。スミレサイシンの仲間 なので、茎はなく、葉は束生します。
 側弁、葉、花茎、距などに毛が見られないもの、また細か い毛があるものも見かけます。
 



 



花柱の先端は、カマキリの頭のよう 



4月上旬 奥多摩 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆似た仲間。花が赤紫色になるスミレ 
 フモトスミレ
 アカネスミレ 距が細長い。側弁内側に密な毛。全体に毛が多い。花弁の基部が閉じ気味に咲くので、奥が見 えない。葉は、さじ型、長三角形などで、基部は切れ込まない。
 コスミレ 側弁の毛は、あるもの、ないものあり。花弁の基部まで広角で開く。
 ヒナスミレ
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/