コウホネ    

スイレン科  河骨(川骨)




 

 よく目立つ花の姿からは想像もつかない名前の由来を知って、びっくり しました。
 コウホネは、根茎が白っぽい灰色で、その直径が親指ぐらいから数センチほ どにまで太くなるため、色と姿から骨を連想して、河骨、と名づけられたのだ そうです。
 花の直径は4センチ内外。水面の上に茎を持ち上げて、その上に咲かせ ます。
 5枚の花弁のように見えるのは、ガク片です。花弁は中心部に寄り集まっていま す。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/