イワオトギリ    

オトギリソウ科   岩弟切




 

 オトギリソウは、6月後半から町の庭園などに山吹色の大き目の花を咲かせます。この花 の直径とくらべて、不似合いなほど長い雄しべを突き出しているのがトレードマーク。背丈 は、大人の腰の高さを超えます。 そのオトギリソウの高山型が、ミヤマオトギリです。
 こちらは背丈は膝高程度。花もオトギリソウよりもひと回り小さめです。
 写真のイワオトギリは、南アルプスの北岳のものです。この生息地はイワオトギリのすむ 場所とよく知られていることから判断しました。オトギリソウの仲間は国内だけで数十種も あるとこのとで、どこかほかの場所に咲いていたものならば、判別はむずかしいです。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/