ツリバナ     


ニシキギ科 ニシキギ属  吊花 




5月下旬 奥多摩 

 落葉低木。
 秋の、鮮やかな赤橙色の種子を垂らした姿が、印象的な植物です。
でも、初夏に咲く小さな花も、まじまじと眺めてしまう個性的な 色、姿。直径1センチ。淡い黄緑色の下地に、赤紫色をのせたような5 弁の花です。この色合いが、まず独特。そして、中心に角 がとれた星型の花盤がでんと座って、雄しべなどがかろうじて認め られます。
 花も実も、一目見たらすぐ判別がつきますが、逆に、真夏はツリバナと 確認するのは苦労しそうです。
 葉は細身がちな卵型で、先端もとがり、縁には細かな鋸歯があり ます。

 


 



9月下旬 北信濃・カヤノ平 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/