モクレイシ    


ニシキギ科 モクレイシ属 木茘枝




高尾・森林科学園 3月上旬 

 あの、輸入果物の「レイシ」(茘枝、ライチ)の仲間かと思って、名前を知った ときは注目してしまいました。でも、モクレイシは、おいしい実を結ぶあの果物の 仲間ではない。モクレイシの実は、熟すと赤い種が露出してきます。その様子が、ニ ガウリ、つまりレイシに似ているので、「木のレイシ」の名が付いたのだそうです。
 レイシ、ニガウリとはまったくの別科です。

 ニガウリならば、私は菜園でずいぶん育ててきました。
 皮も肉もまっ黄色に染まり、縦に実が裂けて、赤い実が外に垂れ下がってきます。

 モクレイシは雌雄異株。雄しべが大きめなのが雄の木です。
 春3月から、白い五弁の花を開きます。
 つつましく、品のある花です。

 日本では、房総半島、伊豆半島、小田原一帯、飛んで九州、沖縄に分布します。牧野富太郎が命名。



雄しべが大きめの雄の木
 高尾・森林科学園 3月上旬 




 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/