タカネナデシコ 

ナデシコ科 ナデシコ属   高嶺撫子 




 

 


南アルプス・北岳 

 鮮やかで、濃いめのピンク色の花が、山ではよく目立ちます。近づいて見る、花びらの繊細な つくりに、また目が魅かれます。派手そうな花なのに可憐に感じるのは、強い風が吹き抜ける尾 根筋でも懸命に花を咲かせているからでしょうか。茎は細く、花びらは風にあおられやすい大き さと形です。

 タカネナデシコは、カワラナデシコ(エゾカワラナデシコ)の、高山型の変種で、背丈がやや 低く、花の色は濃く、花弁の切れ込みがより深く細かい、といわれます。
 実際には、タカネナデシコの花弁には、さまざまな形態があり、2種の区別は難しい面がある そうです。

 タカネナデシコの花との出会いを印象強く覚えているのは、北アルプスの西鎌尾根の稜線でし た。槍ヶ岳の急登にいよいよとりかかろうという、赤土の斜面に、赤みが強く、深い切れ込みを もつタカネナデシコの小さな群生があり、風に翻弄されていました。

 風にしなう切れ込みが深いタカネナデシコの花弁は、風のなかで生きてきたからこそ、生み出されてきた のかもしれません。



 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   カワラナデシコ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/