ミヤマミミナグサ 

ナデシコ科 ハコベ属 深山耳菜草 




南アルプス・北岳 2005年7月中旬 

 ミヤマミミナグサは、南アルプス、八ヶ岳によく見られ、この地域を代表 する高山植物の一つです。
 似た仲間がありますが、ミヤマミミナグサは、5枚の花びらがさらに先端 で4つに裂けて、細かく切れ込んで見えるのが、特徴です。
 耳菜草という名前は、花びらの形を、「耳」の姿にたとえたからでしょう か。

 ハコベの仲間は、真っ白な姿のよい花を咲かせるので、出あってうれしい 花たちです。
 それぞれ姿が似ているので、名前を判別するのは、むずかしい。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/