コハコベ    


ナデシコ科 ハコベ属 小はこべ




3月中旬 東京・北秋川 

 茎の色が赤い紫色。花の直径5ミリ〜11ミリぐらい。5枚の花弁は中央が 深く避けていて、10枚のように見えます。そして、この花弁は、萼片と同じ くらいの長さです。
 中央の緑色の種子の先が丸みをおびて突き出しており、その先端にごく細 い、白い細かい毛がついた雌しべ(花柱)が3本、3つの方向に広がって伸び だしています。この雌しべは、超小型の試験管洗いのよう。
 雄しべは、成熟の時期の差か、先端が紺色や白など、さまざまな色のもの が見られます。



3月中旬 東京・北秋川 



3月中旬 東京・北秋川 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 

 よく似たミドリハコベ(ハコベ)は、茎が緑色。種子の先端がとがってい ます。花弁が萼片より短い。


◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/