カワラナデシコ    


ナデシコ科 ナデシコ属  河原撫子 




8月初旬  八ヶ岳山麓 

 「ナデシコ」とは、このカワラナデシコのこと。
 背丈は80センチほどになり、花弁は中ほどから、細く裂けます。
 本州、四国、九州の山野に分布。
 カワラナデシコの原種は、北海道から本州北部に分布する、エゾカワラ ナデシコとされます。

 高山のタカネナデシコに比べると、色はやや薄く、花弁の裂けた様子 は、やや浅めで、長くありません。背丈もタカネナデシコでは、50センチ以下、 30センチ前後が普通です。
 両者は、同種に扱われるほど、よく似ています。



8月初旬  八ヶ岳山麓 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
  タカネナデシコ
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫