イワツメクサ    

ナデシコ科  ハコベ属  岩爪草




木曽駒ヶ岳 2005年8月 

 白い細身の花びらを放射状に広げた花です。しかし、顔を近づけて見ると、10枚 あると見えた花びらは、実は5枚で、深く裂け目が入っているために、10枚が広がって いるように見えたことがわかります。
 爪草の名前は、細身に裂けた花びらが「爪」の形にも見えるから。
 岩混じりのザレ場などで、岩陰に体を寄せるように、群生しています。
 雄しべは10本。背丈10センチ余り。本州中部の山岳地帯にのみ特産。

  


 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/