フシグロセンノウ    


ナデシコ科  センノウ属  節黒仙翁 




8月初旬  八ヶ岳山麓 

 やや赤みをおびた橙色の花は、直径5センチ前後。夏の車道脇の草むらや 山の林のふち、湿り気のある斜面などで、とても目立つ花です。
 夏から秋にかけて開花しますが、8月の真夏の花という印象があります。
 背丈は1メートル前後に伸びます。
 フシグロの名前は、節が黒っぽいからだとされます。センノウの由来は、 定まっていません。
 本州、四国、九州に分布。



8月初旬  八ヶ岳山麓 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ

記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫