アオダモ     


モクセイ科 トネリコ属 




5月上旬 奥多摩 

 白い綿菓子のように見える花は、遠くからよく目立ちます。
 この花は、間近で見ると、花弁が細い小さな花が、いっぱい集まっているのに気 が付きます。花弁が細すぎて、雄しべは外へはみ出しています。
 葉は細長めで、縁にノコギリ葉があります。
 アオダモの木は、背丈が10メートル前後に育ちます。
 別名、コバノトネリコ。
 私は、中学・高校と野球をやり、とくに高校時代は年に数本はバットを折りまし た。当時、愛用したバットは、もちろんタモ材で、白木やそこに茶色の塗装をした もの。重さは880グラムぐらいのものを使っていました。1970年代初めのこ とで、1本2500円から3000円くらいしました。
 登山用のピッケルも、今はメタルシャフトになりましたが、昔は属が同じトネリ コを使っていました。
タモも、トネリコも、いまは資源が枯渇し、育成活動が続けられています。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/