オオヤマレンゲ     

モクレン科 モクレン属  大山蓮華  落葉低木  




 

 純白で肉厚の花びらを、控えめに半開きに開花させます。花が顔の 目線を下げたように密やかにつくので、その印象もまた心に残ります が、山ではめったに見られない大きめの花ですので、森の中では咲い ても、咲きかけても、つぼみでさえも引き立ってしまいます。
 花びらの白さとともに、雄しべ、あるいは花弁の底部に紅色がさして おり、半開きの花の内部も美しさを秘めています。 根強いファンがいる そうですが、うなずけます。 花びらが散る直前には、花は大きく開き、 直径が8センチ以上になります。大きさのせいだと思いますが、花びらが 均整がとれた形に開いた花は少なく、柔らかで、厚みのある花びらは、葉 や枝に制約されて、しばしばゆがんで開きます。



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/