サンシュユ    


ミズキ科 ミズキ属 山茱萸
外来種(江戸時代に朝鮮から)




高尾・森林科学園 3月上旬 

 関東では3月初旬から、明るい黄色の花を咲かせます。小さな花が放射状に外側 にむいています。その1つ1つ、丸みのある花弁の間からは雄しべが4本ずつ、元 気に伸びだしてきます。
 秋には、赤い実を花の数だけ、たくさんつけます。
 この実を干したものは薬用として使われ、これが「山茱萸」と呼ばれます。
 大きな樹では15メートルほどにまで育ちます。



高尾・森林科学園 3月上旬 



3月中旬 




 




 




 




ひと冬を越したサンシュユの実
高尾・森林科学園 3月上旬 


///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/