ゴゼンタチバナ    

ミズキ科  ゴゼンタチバナ属  御前橘 




 

 急登にあえぐ山道では、足元から気がぬけません。そんな折、ゴゼンタチバナの小さな花は、 登山者の目を楽しませてくれます。夏の始まりには白い花を咲かせ、秋口からは、背丈には不似 合いな数粒の真っ赤な実を一段高くもたげて。そして秋には葉が紅葉に染まる姿も見せてくれま す。

 葉は4〜6枚が輪生状にひろがります。
 4枚の白い花びらに見えるものは、ミズキ科に共通の苞です。中心に寄り集まっているのが花 で、黒紫色に何本も立ち上がっているものが雌しべです。

 ゴゼンタチバナの「御前」は、白山の最高峰の名前(御前ヶ峰)からとり、「橘」はカラタチ バナに葉や実が似ているところから名づけられたとのことです。



 

 


 

 


 



 



 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/