アオキ    


ミズキ科 アオキ属 青木




 

 葉はもちろん、茎(幹)まで濃い緑色の樹木です。だからアオキと名前 がつけられたのですが、ともかく、覚えやすい植物です。私のフィールド の奥多摩や、武蔵野の丘陵地帯の林では、四季を通じて、いつでも出会え て、ありふれすぎた感じもする植物です。



 



 

 でも、アオキは、日本固有の植物。Aucuba japonicaという学名ももって います。それに、いつも地味な緑一色の姿ばかりで通しているわけでもあ りません。春の若芽、華やかなクリーム色の花、一冬越した春まで元気に 残る赤い果実など、演出は地味ながら、その時期時期の装いの変化も見せ てくれます。
 雌雄異株。雄花は長さ10センチ前後もあり、大きい。雌花は、3センチ 前後と小さい。



 



 



春を待つ若芽 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/