サルナシ 

 マタタビ科 マタタビ属  猿梨  落葉ツル植物




 

 キューイ・フルーツの原種が、このサルナシの仲間です。黄緑色に熟し、北海道 では「コクワ」と呼びます。
 若い茎は赤い色。林の中では目立ちます。
 花はつぼみのときに、丸みがあり、下向きにつきます。雄しべが密集していて、紫色 なのも目印になります。



 

 

 見つけたときはうれしかったものの、サルナシは雌雄異株。はたしてこの木は、オスなのか、実をつける雌なのか。
 ときどき観察にこなければならなくなりました。



 

 サルナシの茎は、背丈が1年で1メートル以上も伸び、太さも直径10センチ内外にも なるそうです。左巻きで上って行き、その太いツルは強靭。それだけに特別な用途に使われ、 イカダムスビ、ツナフジ、ハシカズラなどの名前があります。



 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/