マタタビ 

 マタタビ科 マタタビ属  木天蓼




 

 サルナシと同じマタタビ科のツル性植物です。
 花びらは5枚。その姿から、「夏梅」とも呼ばれています。

 サルナシは、夏遅くに、銃弾型の、先が尖った実をつけます。
 秋に黄褐色に熟し、生食、塩漬け、果実酒などで楽しめます。くせもあり、 福島市生まれの私には、子どもの頃、1個に手を出して、降参した思い出も あります。

 アイヌは、コクワよりまずいので、「チカプクッチ」(鳥のコクワ)と呼 んだとか。
 辛味と、特有の香りがあります。  この実は「マタタビ酸」を含んでいて、大量に食べると、神経が麻痺する とも言われています。
 とはいっても、「ネコにマタタビ」。1960年代に、札幌の丸山動物園 では、ネコ科のライオン、ヒョウも、葉をよろこんで食べた実験記録がありま す。



 

 


 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
     サルナシ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/