ジャケツイバラ    


マメ科(あるいはジャケツイバラ科) ジャケツイバラ属  蛇結茨 




5月下旬 山梨県内 

 葉や花の様子からマメ科とはわかりますが、初めて見ると、こんな派手な植 物が日本にあるのか? と驚かされます。宮城県以南の日本各地と、中国など に分布します。帰化植物とはされていません。
 名前は、蛇もからめとられて動けないほどのトゲが、茎や葉などにいっぱい 出ているから。樹木にからみついて、高い位置にイバラを茂らせるため安心で すが、傾斜地や茂みなどで出会うと、注意が要ります。
 花は、藤の花穂が逆立ちして天に向いたようです(総状花序)。高さは30セ ンチに及びます。
 雄しべが赤く、花弁は5枚。真ん中の上側の小さい花弁には赤紫色の網目模 様が見られます。種子は、マメが平たく長いサヤにおさまったようで、春まで 割れず、飛ばずに、残っていることがしばしばです。
葉は、羽状で、先端の小葉が2枚対なので、これも目印です。

 


 



葉 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/