ヌスビトハギ    

マメ科  ヌスビトハギ属  盗人萩




 

 ヌスビトハギは、釣竿の穂先のような茎に、薄紫色の小さな花を間隔をあけてつけ ます。8月に入ると、山道の脇から、この花穂が突き出してくるので、よく目立ちま す。夏も峠にたどりついたことを感じさせてくれる花です。
 ヌスビトハギの名前は、実の形からきました。実は、マメが2個入った枝豆をペ シャンコに平らにのしたような姿をしています。(節果)
 つま先立ちで歩くとき、足指とその付け根だけが床に接します。指の付け根は、犬 や猫なら「肉球」と呼ばれて、丸く肉が付いている場所です。親指の肉球と、他の 4本指の肉球と、2つの跡がくびれた枝豆のサヤの形に跡になってのこる。実の形 からその様子を連想して、盗人萩の名がつきました。
 このサヤの表面にはかぎ型に屈曲した硬い細かい毛が生えていて、動物の毛や人 の服に付着して、運ばれます。

  


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/