ナンテンハギ 

 マメ科  南天萩 
  別名 フタバハギ(二葉萩)、アズキナ(小豆菜)、  多年草




北アルプス 兵馬ノ平 8月中旬 

 マメ科で、葉の形がナンテンの葉に似ています。
 私にとっては、山菜の探索を始めたころに出会った、うまみのある野草 なので、その愛らしい若芽の姿が忘れられません。
 「アズキ菜」の名前もありますが、食べてみると、納得します。

 フタバハギという別名は、葉が2枚、対になって芽が立ち上がり、伸び上がって くるところから。
 花は、赤紫色。まきひげは、ありません。
 多年草で、下部に、木質のしっかりした根茎があります。

 写真は、標高1400メートルの北アルプスの湿原。雪解けが遅く、8月に開花の 季節を迎えていました。



6月  日光市 

 


 

   


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/