フジ     


マメ科  フジ属  藤、ヤマフジ 




5月末 山梨県・茅ヶ岳 

 大きな畑を家庭菜園にして農作業をしてきた私には、フジは気になる花で した。「藤の花が咲くと、遅霜はもうこない」という言い伝えがあるからで す。果樹はみな霜に大きな被害を受けます。インゲンやサツマイモの苗など、霜 に特別に弱い作物もあるからです。
 南関東では、フジの花が咲くのは、5月初めからです。
 蔦性で、ほかの木に巻きついて、日当たりがいい枝の上や樹冠にまで上り あがり、日差しを占領してしまいます。人の管理の手が入らない、荒れた山の 樹林の方が、見事なフジの花の饗宴を楽しめます。
 花弁は5枚。
 正面から見て、後頭部で屏風のように大きく立ち上がっているのが「旗 弁」。
 花の中心部で両の手のひらをぴっちり合わせたような2枚の花弁が、竜骨 弁。隙間から、雌しべがのぞいています。
 その両の手のひらを左右から包み込んでいるのが、翼弁です。
 この花のつくりはマメ科の一般的な姿で、キヌサヤエンドウなどもほぼ同じで す。
 フジは、近づいてみても、美しい花です。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/