アブラチャン 

 クスノキ科  シロモジ属  油瀝青
落葉小高木  雌雄異株




3月下旬 伊豆半島北部 




6月上旬 日光市 

 実、それに木の皮からとった油を灯火に使ったために、「アブラチャン」の 名前がつけられました。「瀝青」は、「れきせい」 「チャン」と呼び、これは 石油系、植物系を問わずに油脂分でできた有用な化合物の総称です。アスファル ト、コールタール、ピッチなどを指したり、燃料、防水剤、防腐剤などとして 用いられる油脂材料を指したりします。
 その名前がついた植物がアブラチャンですが、「油」と「瀝青」を重ねて愛称 化してしまったのには関心させられます。灯りの材料として生活に密接だったか らではないでしょうか。

 6月下旬に緑色の実が直径1センチ弱にまで育ちます。その後はもっと大きく なるのでしょう。
 実の表面は光沢があります。
 樹皮は灰褐色。幹は直径10センチ弱で、株立ちします。



 

   


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/