ヤチトリカブト    谷地鳥兜 


 キンポウゲ科 トリカブト属   


 ***** 北アルプス 兵馬ノ平  8月中旬 *****

 亜高山帯、高山帯の湿地に生育し、背丈はトリカブト のなかでは大型の部類で、人の胸から背丈ほどの高さになります。
 見分けるという視点から対比すると、トリカブトの仲間は、花茎に毛があるホソバトリカブトなどのグループ と、毛がなく、茎が光沢があるタカネトリカブトなどのグループに分けられます。
 ヤチトリカブトは、
1)花茎に毛がある、
2)花弁の内部を見ると、側萼片には毛が見られない、
3)葉は、大きな切れ込みが葉の半ばまでにとどまり、ホソバトリカブト、タカネトリカブトなどのように深くは切れこまない、
4)背丈がもっとも高く、人に迫る、
 などの特徴があります。




*分布      本州の北アルプスと、雨飾山、鳥甲山
*花期      8月〜9月
*仲間      ホソバトリカブト、オオサワトリカブト
*関連ページ 



 


       






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫