トウゴクサバノオ    

    キンポウゲ科 シロカネソウ属 東国鯖の尾




5月 山梨県

 花が終わったあとにできる果実(袋果)が、細長い袋状で 、2つが基部でくっつき、サバの尻尾のような角度で反って いる様子から、「鯖の尾」の名前がつけられました。
 背丈は15センチほど。4〜5月に開花。  クリーム色の5枚の花弁に見える部分は、萼片です。これ はキンポウゲ科の特徴。
 花弁は、花の中心近くを囲んでいる、黄橙色のヘラ型の部 分です。ここは、蜜を分泌する蜜弁となっています。
 葉は1回3出複葉で、さらに分裂し、全体に丸みのある、可 愛らしい印象。
 本州・四国・九州に分布し、山地・低山,森林・林縁など で見られます。
 西日本には、よく似たサイゴクサバノオが分布します。



5月 奥多摩 葉の形が、サバノオらしくありません。

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/