シナノキンバイ     

キンポウゲ科 キンバイソウ属  信濃金梅 




 

 シナノキンバイは、北海道から本州の中部山岳地帯まで広く分布し、高山植物の代表的な存 在であるだけに、この花に慰められながらの登山の思い出もいっぱいあります。
 飯豊連峰の石転び沢雪渓の源頭の急登で目にしたのが、シナノキンバイとの最初の出会いで した。大雪・カウンナイ川の長大なナメの遡行の途中、水流の傍らに咲いていた鮮やかな色合 いのシナノキンバイも印象に残っています。

 花は、直径が4センチ内外あります。しかし、花弁に見えるのは萼片で、キンポウゲ科の花 によく見られる特徴です。本物の花びらは糸状です。雄しべの周囲に、雄しべよりも短い姿で 存在し、目立ちません。

 茎が太く、葉はふさふさと茂り、光輝くような大きめの花を咲かせて、しばしば群生するシナ ノキンバイ。
 山稜と雪渓の景観をダイナミックに引き立てる花でもあります。

 北海道のものは、エゾノキンバイとして別種に区分けされることもあります。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/