リュウキンカ      立金花   

 キンポウゲ科 リュウキンカ属 


 7月中旬 白馬・栂池

  黄金色の花を咲かせて立ちあがる姿から、立金花の名前がつきました。
 雪割れした水面でミズバショウと競って開花します。湿地というよりも、沢水に洗われるような場所にも、大小の群落をつくります。
 キンポウゲ科なので、5枚の花弁に見えるものは、萼片です。
 葉は腎形をしており、幅3〜10cm。縁には粗い鋸歯があって、つやがあります。フキの葉を小さくしたようです。



*分布      本州・九州。
*花期      春〜初夏
*仲間      北海道と本州北部に分布するエゾノリュウキンカは、背丈 が80センチに達し、花(萼片)もより大型です。北海道では、山 菜として食べられ、その姿と味から「谷地ブキ」の名があります。

 



 
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫