モミジカラマツ      紅葉落葉松   

 キンポウゲ科 モミジカラマツ属 


6月末 奥利根

 カラマツソウの仲間のなかで、モミジカラマツは2つの特徴が あって、見分けやすいと思います。
 1つは、白い花(これは雄蕊の集まり)の中心部にやわらかい 緑色の「芯」があること。これがモミジカラマツの美しさのアク セントになっています。
 もう1つは、葉がもみじの葉に似ていて、切れ込みが深いこと 。名前の由来が、この葉の形で、カラマツソウの仲間には他にな い形です。
 モミジカラマツは、カラマツソウ属とは別属に位置付けられて います。



*分布      北海道、本州(東北・関東・中部)
*花期      6〜8月
*仲間      
*関連ページ   ミヤマカラマツ、シキンカラマツ。



 
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫