ミヤマキンポウゲ    

キンポウゲ科 深山金鳳花




 

 

 キンポウゲ(金鳳花)は、花が金色を思わせるような鮮やかな黄色であること から、名前がつきました。
 そのキンポウゲの高山型が、ミヤマキンポウゲです。
 シナノキンバイよりも花が小さめで、直径2センチ余り。同じような花の色、姿 をしているものは、ほかにないので、おぼえやすい。
 葉は、細かい切れ込みが深く入って、キンポウゲ科の特徴となっています。
 高山型のミヤマキンポウゲの仲間には、キタダケキンポウゲ、ヤツガダケキンポ ウゲ、タカネキンポウゲなどがあります。このなかで、ミヤマキンポウゲだけが北 海道から中部山岳地帯まで、広い分布エリアを持っています。



 



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/