ミツバオウレン 

キンポウゲ科  オウレン属 三葉黄蓮 




 

 白馬山系の苔むした樹林の岩陰に、数株がひっそりと咲いていました。あまりにも可憐なその 姿に惹き込まれました。
 白く花びらのように見えるのは、5枚のガク。花びらは黄色で5枚あります。直径1センチ前 後の小さな花には少し長めの、雌しべと雄しべが、ささやかな彩を演出しています。
 黄蓮の名前とは、印象が異なる花の様子です。
 黄蓮とは、属を代表する植物のオウレンの根の、漢方薬名です。蓮の根にたいして、黄色く太 目のオウレンの根を黄蓮と呼んできました。



 

 

 ミツバオウレンは、葉が三つ葉であることから名づけられました。仲間に、セリバオウレン、 コセリバオウレン、バイカオウレン、キクバオウレンなどがあります。



 

 


 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   オウレン(キクバオウレン)、セリバオウレン、バイカオウレン
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/