クサボタン      草牡丹   

 キンポウゲ科 センニンソウ属 


 8月中旬 岩手山

  「立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹(ぼたん)」の、あ の牡丹の葉に似た葉ををもつところから、草牡丹と名づけられた とされています。
 葉が似ているのに、なぜ「草」ぼたん? と疑問が生まれます。
 たぶん「葉牡丹」はポピュラーな園芸品種としてすでにあるた めに、「草ぼたん」に落ち着いたのかな? と。
 葉は、対生。葉の縁に鋸歯があります。
 花は、茎の先や葉の付け根から花柄を出して、数個の釣鐘状の 淡紫色の花を下向きにつけます。
 その花弁の先がそり返っているのが、大きな特徴。
 この花弁に見えるのはガクです。



*分布      本州。日本固有種。
*花期      8月から9月
*仲間      
*関連ページ   



 初対面したとき、この花の独特な姿から、外来種ではないかと 思いました。でもれっきとした日本固有種です。
 全草が有毒です。
   
      

    
      

    
      






http://trace.kinokoyama.net  
 HomePage TOP へ
記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (c) Nohara Morio.
since Nov.2000


野原 森夫