キタダケソウ    


キンポウゲ科 キタダケソウ属 北岳草




北岳山頂付近 6月 小泉さん撮影 

 南アルプスの北岳の山頂付近にだけ分布する特産種。小葉は3つに深く分かれ、 それぞれがさらに2、3裂するため、葉が魚の鱗のように重なり合うような独特な 葉の姿をしています。
 花弁は先端がくぼみ、10枚前後が放射状に開きます。
 6月に稜線の雪田が消えだすと最初に開花する花です。



北岳山頂付近 6月 小泉さん撮影 



北岳山頂付近 6月 小泉さん撮影 



北岳山頂付近 6月 小泉さん撮影 



北岳山頂付近 6月 小泉さん撮影 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆似た仲間 
   ヒダカソウ(北海道のアポイ岳の特産種)、キリギシソウ(同・崕岳の特産種)
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/