オウレン(キクバオウレン) 

キンポウゲ科  オウレン属 黄蓮(菊葉黄蓮) 




3月下旬 新潟市・角田山 

 葉が菊の葉に似ているため、キクバオウレンの名があります。
 花期は、オウレンのなかでもっとも早く、3月から5月初旬の時期に開花 します。写真のものは、新潟市の角田山で撮影しました。
 八重咲きの花のように見えますが、一番外側の大きめの白い花弁状のものは、 ガク片で、花弁はその内側(上側)に5〜8枚、白く小さめのものが見えます。
 雄花と雌花があり、雄花はぎっしりと雄しべがひしめき合っています。雌花の 雌しべは10本前後。
 北海道、本州、四国に分布します。



雄花 

 

 仲間に、ミツバオウレン、セリバオウレン、 コセリバオウレン、バイカオウレンなどがあります。



雌花 

 


 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   ミツバオウレン、セリバオウレン、バイカオウレン
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/