ハクサンイチゲ     

キンポウゲ科 イチリンソウ属 白山一華  




笠ヶ岳で 2002年8月 

 夏山の稜線わきの雪田が融けたあとなどに、大群生する景色はすでにおな じみ。でも、顔を近づけて花1輪だけを見つめても、見目のよいつくりで、 魅せられます。
 純白の花びらに見えるのは、萼片です。花びらはなく、花の真ん中に雌し べと雄しべが固まっています。
 萼片の枚数は、ふつうは5枚から7枚ですが、まれに八重咲きもあります。



 



 



 

 私がいままでに見たうちで、一番規模が大きかったハクサンイチゲの群 落は、北アルプスの北ノ俣岳の、黒部川源頭部のものでした。赤木山、黒 部五郎岳へと向かったのですが、稜線の左側には、ハクサンイチゲの大群 落が、縦走路に沿って延々と続き、その下方には横に帯のよういなって、や はり切れ目がないかのように雪田が続いていました。
 霧が晴れ上がると、黒部の谷越しに、雲ノ平と水晶岳が姿を現しました。



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/