ボタンヅル     

キンポウゲ科 センニンソウ属  牡丹蔓  




 

 7月末の奥多摩の山道で、カミさんが「この花、いい花だね」と声を上げ ました。
 図鑑で調べてみたら、ボタンヅルという名前でした。葉が牡丹に似ていると いうのが、その名の由来だとのこと。

 カミさんは、「この花は、花嫁のイメージがある」といいます。透明感があ り、繊細で気品があります。幾つもの白い花をつけるので、華やかさも感じら れます。ややクリーム色を帯びた花もあります。
 十文字に開花する花びらのよう見えるのは、ガク片です。花びらはなく、代 わりに雄しべの白い花糸が精一杯に装っています。
 つぼみは、小さな小さな卵のよう。

 花がよく似ているセンニンソウ(仙人草)とは、葉の形が異なり、ボタンヅルの葉は1回3出複葉 です。



 



 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/