キブシ    


キブシ科 キブシ属 木五倍子




4月下旬 東京都・日原渓谷 

 谷筋の林道や、山腹の登山道を歩いているときにキブシに出会 うと、いよいよ春本番を実感させられます。小さな花が穂状に垂 れるようすは、素朴な風情の飾りもののよう。

 黄色の花を咲かせるため「黄」ブシなのかと思ったら、漢字で は「木五倍子」と書くとありました。五倍子(ふし)とは、おは ぐろ(鉄漿)に使われた黒い染料で、カバノキ科の樹木、ヤシャ ブシ(夜叉五倍子)からとっていたとのことです。
 そのヤシャブシの代用にキブシの実から取った染料が使われた ため、「木五倍子」の名が付けられました。
 一方で、関東地方などでは、フジ(藤)の花穂に似て、黄色の 花を咲かせる様子から、「黄藤」と呼んできた地域もあるそうで す。キフジ→キブシ説も可能性を残しているというわけです。

 雌雄異株の植物とのことですので、今度は、雌株に実が生長し て行く様子や、雄株の花の終わりの様子に、出会いたいと思いま す。



4月下旬 東京都・日原渓谷 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/