ヤマエンゴサク

ケシ科 キケマン属   山延胡索




ヤマエンゴサク 東京都奥多摩町 2005年4月24日撮影

 4月の上旬に東京・桧原村のある谷筋に観察に出かけました。
 エンゴサクを見つけました。狭い谷筋の林際で、日当たりが限られる場所でし た。こんな条件のところでも、早い時期から咲き出すのが、エンゴサクらしい。

 エンゴサクといえば、私には、北海道の山地でのエゾエンゴサクの群生が思い 出されます。林床一面が鮮やかな色合いに染まるほどの大群生が普通でした。そ して、このエンゴサクは、カタクリと並んで、北日本ではよく食べられることが 多かった山菜でもありました。



2005年4月10日撮影 東京都桧原村



同上

 写真のエンゴサクは、ヤマエンゴサクかな判断しましたが、ふつうのものに比 べ葉が極端に細長いので、類種・変異形のものかもしれません。花の色は、実物 はもう少し、赤と青色を強くした紫色でした。

///////////////////////////////////////////////////////////

*延胡索は、球根から作った食べ物のことです。
◆仲間 エゾエンゴサクミチノクエンゴサク、ジロボウエンゴサク



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://homepage2.nifty.com/kinokoyama/