シロヤブケマン     


ケシ科 キケマン属  白藪華鬘 




 

 花弁の先のオデコの部分だけに、紫色がくっきり残るケマンです。野生のケマ ンのムラサキケマンは、ヤブケマンと呼ばれます。そのヤブケマンの白花タイプ だから、シロヤブケマン。
 紫色がほとんど残らず、全体がほとんど白一色のヤブケマンは、ユキヤブケマ ンと呼ばれています。
 これらは、いずれも、ムラサキケマンの変異タイプです。
 私がよく出かける奥多摩のある一帯には、通常のムラサキケマンは少数派。シロヤブケマンや、ユキ ヤブケマンに近いタイプ、さらには、下段はムラサキケマンで、上部の花弁はシ ロヤブケマン、といった中間種などがたくさん見られます。



ほとんど白だけの、シロヤブケマン。この近辺に多く見られた
ユキヤブケマンに近いタイプか。 




2色のケマン 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 ムラサキケマンキケマンミヤマキケマン
  ◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/