キケマン    


ケシ科 キケマン属  黄華鬘




4月初旬 伊豆半島北部の果樹園で 

 華鬘は、お寺の仏殿の飾りの一つです。花がたく さんつく様子がその華鬘に似ているところから、名 付けられました。
 キケマンは背丈が40センチ前後に立ち上がるの は普通で、1個の花弁も長さ4センチほどに大きい ものもあります。おまけに黄色い花には、紫色の斑 点が1個ずつ押されています。花というよりも、熱 帯魚がたくさんさがっているように思えることもあ ります。茎は赤みを帯びて、あるいは写真のように ほとんど真っ赤で、ホースのよう。野で出 会ってもなんとなく場違いな存在感があり、私には 、この花は、いつの時期にか、大陸から渡来したも のではないかという思いがあります。しかし、図鑑 によれば、どうも在来種らしい。japonica が学名 に入っています。
 土壌の栄養分の多少によって、背丈には大きな変 化があります。

 


 



 

///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
 
◆関連ページ 
          





 
山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/