ミヤマカタバミ 

 カタバミ科  カタバミ属 深山酢漿草 




大源太山で  2005年5月末 

 畑や住宅地のカタバミやムラサキカタバミは、花をにぎやかに咲かせて、地下茎を伸ばして猛烈に繁殖地を広げる、半ば雑草です。
 それにくらべ、ミヤマカタバミは、山の林床で、透明感のある白い花を咲かせて、春を告げてくれます。
 太めの地下茎をもっているのは、平地のカタバミと同じです。
 ハート型の小葉を3枚つけます。その陽がかげったり、夕方になると、ぴったりたたみ込まれます。そのとき、葉が半分になったように見えるために、傍食(カタバミ)、片食(かたばみ)の名前がつけられました。
 カタバミの仲間は、シュウ酸をたくわえています。葉を少しかじると、とても酸っぱいそうです。ミヤマカタバミは、清楚すぎて、かじる気になれません。
 カタバミの葉は、そのやわらかい、優雅な形から、平安時代から家紋などの文様(酢漿草紋 かたばみもん)として使われてきました。



 

 
///////////////////////////////////////////////////////////


◆仲間 
   コミヤマカタバミ
◆関連ページ 
          



       TOPへ

野の花、野草手作り図鑑

 山の便り、大地の恵み (野原森夫)  
http://trace.kinokoyama.net/